ドラッグストアの時給は高い!?

薬剤師の求人最近が多いです。しかも、時給や給料など高くて、ほとんどがドラッグストアの求人ですね。なぜならば、厚生労働省実施した2012年度の「医師・歯科医師・薬剤師調査」によると、2013年度現在の職種構成割合からみると、最も多いのは「薬局の勤務者」で、全体の52.7%を占めます。次いで「病院・診療所の従事者」、「医療品の製造販売業に従事する者」、「医薬品販売業に従事する者」、「薬局の開設又は法人の代表者」、「大学の従事者」の順に多くなっています。就職する場合も、病院や調剤薬局へ皆行きたがることが判明されました。となると需給と供給の関係で、病院や調剤局は給与が低くなって、ドラッグストアは給与が高くなります。一方、ドラッグストアで働く薬剤師は正社員だけではなく、派遣社員、アルバイトが多くなっていて、勤務時間がかぎられているので、よりたくさんの薬剤師の求人が必要ということになるのです。だから、薬剤師の需要がふえてきて、買い手市場になりつつあるが事実です。

薬剤師求人について
薬剤師求人サイトって言ってもいっぱいある
あなたがなりたいのは、どんな薬剤師?
薬剤師の求人で確認したいこと
薬剤師求人でチェックすべきポイント
薬剤師の活躍の場所が広がる!
薬剤師の男女比
薬剤師国家試験
薬剤師の勤務先と仕事内容
薬剤師の仕事のやりがい
薬剤師転職のノウハウ
転職のタイミング
薬剤師のイメージ
都会と地方の薬剤師求人
薬剤師でも転職は簡単じゃない!
薬剤師求人サイトのランキングをチェックしましょう!
ドラッグストアの時給は高い!?
薬剤師の需要と求人
薬剤師の働く場所と重要性
薬剤師の転職に向いている職業
ドラッグストアの薬剤師求人について
薬剤師の働く場所
薬剤師の大切さ
薬剤師の専門分野
薬剤師の転職の現状
老齢化とともに
薬剤師の転職・求人サイトについて
薬剤師が転職する目的
薬剤師が職場を転職する時
6年制のメリット
薬剤師の資格取得の制度改変
近隣国の薬剤師はどうなっているの!?
薬剤師の働く場所と仕事内容
薬剤師をもっと詳しく説明しますと。
薬剤師とは?
当サイトを使用のメリット