求人情報は年収だけに捉われるな

薬剤師の仕事は、薬局だけに限らず大手ドラッグストアや、最近ではスーパーマーケットなどからも出ています。いつでも安心安定の「引く手あまた」状態です。だからこそ薬剤師の求人情報は厳選しないといけません。


最重要ポイントは年収ではない

人が一番強く希望を持つ部分であり、一番不満を抱きやすいポイントが「収入」ですよね。薬剤師の年収は高いと言われていたのに、思ったより低い…となれば確かにだれだってガッカリしますよね。おすすめの記事>>>>>初めて転職をする薬剤師の皆さんへ
ただでさえ普通の大学より2年も長く通ったのに、年収が低かったらショックなのも無理はないです。
ですがだからといって年収が高いところばかりに候補を絞り込んでしまっては本末転倒です。


薬剤師になった理由を思い出そう

どんな理由でも構いません。薬剤師になった理由を今一度考えてみていただきたいのです。「稼ぎたかった」という理由でも良いです。でも、年収が高い代わりに激務で、身体のどこかを壊してしまったり、精神的に病んでしまい、薬剤師としての仕事が出来なくなってしまったりするケースもしょっちゅう聞きます。年収800万でも5年間しか働けないのと、年収500万で30年以上働く方が圧倒的に稼げてますよね。

薬剤師求人の豆知識
薬剤師求人登録は複数サイトに登録しよう
お薬手帳の変化で薬剤師はどう変わる?
自分が調剤したい薬で薬局を探そう
薬剤師求人が増えてきている?
薬剤師で働くときは薬局の近くの病院を知ろう
薬剤師求人枠の広がり
薬剤師求人のギャップ
薬剤師求人情報の見分け方
薬剤師の新たなやりがいを探して
求人情報の盲点
薬剤師として満足して働くためには
広がる!薬剤師の活躍の場
求人情報は年収だけに捉われるな
働き方がいろいろある薬剤師
薬剤師の転職について
薬剤師の求人情報サイトを利用してみる
薬剤師は働きやすい!
薬剤師の遣り甲斐とは
病院の薬剤師
薬局の薬剤師
知っておきたい「薬」関連知識
薬剤師の将来
薬剤師に向いている人は
薬剤師の生活と収入
薬剤師の活躍の場
薬剤師の仕事
医薬分業とは
薬と薬剤師の誕生
ある薬剤師の1日
薬剤師ってどんな資格?
薬系大学の就職状況
薬剤師になるには
薬の専門家、薬剤師
サプリメントで栄養摂取をするコツ
薬剤師とは?