病院の薬剤師

調剤中心から入院患者のケアへ

医薬分業が進み、病院で働く薬剤師の仕事は大きく変わってきています。これまでは外来患者に対する調剤が中心だったのが、入院患者をケアするようになっているのです。
もちろん、すべての病院で医薬分業が徹底されているわけではないので、仕事内容にも差はあります。しかし、病棟活動のウエイトが大きくなる方向に違いはありません。
見えない存在から見える存在へ。薬剤師の活躍できる場は広くなり、その存在感は増しています。

コミュニケーション能力が大事

病棟活動に求められる大切なスキルのひとつに、コミュニケーション能力があります。
薬剤師は、入院患者のベッドサイドで、今飲んでいる薬があるかどうかや、これまでにアレルギーや副作用を起こしたことがあるかなどを確認し、これから使用する薬の名前や薬の効能、飲み方、副作用などについて説明します。
また、薬物治療が始まってからも、処方された薬の効果や使用量などについて、その都度、確認しなければなりません。こころがなければいけないのは、薬に対する患者の不安や疑問を減らし、どれだけ安心して服用していただけるかということです。
たとえば、処方せんどおりに薬を飲まなかった、あるいは飲めなかった場合、どうしたら飲めるようになるかを、患者と相談しながら考える必要があります。錠剤が苦手な方であれば、粉薬を試してみる、分包していた薬を寝る前だけは分包せずにシート包装のままにするというように、場合によっては、服用方法をコーディネートする必要もあるでしょう。
医療側の高い目線ではなく、患者の考え方や気持ちを理解して、薬剤師としての意図をうまく伝えるためのコミュニケーション能力がとても重要です。

チーム医療の一員として活躍

薬物治療が始まると、薬剤師は患者の血液中の薬物濃度を測定したり、副作用が出ていないかをチェックしたりします。こうした病棟活動を通じて、何か問題に気付いた場合には、医師に報告するのも薬剤師の仕事です。
よりよい医療を行うために、病院の薬剤師は、医師や看護師に医療活動に役立つ助言やアドバイスを送り、ときには投薬の分量や処方内容について改善すべき点を提案することもあります。薬剤師には、チーム医療の一員として「薬剤師がいなければチームが動かない」というような活躍が求められているのです。

リスクマネージャーとしての働き

ここ数年、テレビや雑誌などでも医療事故についての報道が多くなっています。じつは、病院における医療事故の約半数は薬に関連するものです。こうした事故を防ぎ、薬が効果的に安全に使われるように、病院の薬剤師は、薬剤師と共にリスクマネージャーという役目も受け持っているのです。
・調剤業務
病院薬剤師の調剤業務は、内服薬や注射薬、外用薬などを調剤するというだけではありません。まずは、薬の専門的な知識をいかして、医師の発行した処方せんをチェックします。処方の構成や内容、使用方法、飲み合わせなどを確認し、疑問点があれば医師に連絡を取って、処方の修正などを行ないます(処方監査)。
そして、最新の注意を払いながら調剤用機器などを用いて調剤し、さらに別の薬剤師が調剤した薬に間違いがないかを確認します(計量監査)。病院によっては、二重三重のチェックをすることもあるようです。
こうしてできあがった薬を正しく服用してもらうために、今度は使用方法や使用上の注意などを患者に説明します。また、患者の問い合わせに応じたり、処方された薬の情報を文書で説明したりもします(服薬指導)。
・製剤業務
通常は製薬会社で作られた薬を処方しているのですが、患者に必要なすべての薬があるわけではありません。製薬会社にとって採算の合わない薬や、主成分が不安定なため製品化しづらい薬などもあるのです。
そこで、医師がどうしても治療や検査のために必要な薬を、安全性と有用性を検討して、病院の薬剤部で調製します。使用する機械器具には、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌機)、クリーンベンチ(雑菌などからの汚染を防ぐ装置)、乾熱滅菌機などがあり、みなさんがよく知っているフラスコやビーカー、漏斗なども使います。病態にもっとも適した薬を調製する製剤業務は、診療上欠かせない大切な仕事であり、患者からは見えない部分においても薬剤師は活躍しています。
・薬品管理業務
病院内では、何百何千という種類の薬が処方されていますが、それらを適正に使用するために、購入から在庫管理、供給までをしっかりと管理しています。
薬の納入時には、薬品名や規格などを確認し、また使用期限がどのくらい残っているかなどをチェックします。そして、薬が不足・過剰にならないように、在庫量に注意しながら供給を行ないます。また、薬の品質を維持するために、倉庫内の温度や湿度、遮光などの保管条件にも気を配っています。
・医薬品情報管理業務
医薬品情報管理(DI)とは、医薬品に関する情報を収集整理して医療スタッフや患者に提供したり、質問に応じたりする業務です。
薬の使用に際しては、それにともなう情報が不可欠であり、こうした情報は毎日のように追加・変更されます。病院の薬剤師は、日々更新されていく医薬品情報を書籍や文献、インターネットなどから収集整理し、コンピューターなどを利用して管理しています。
また、質の高い薬物治療が行えるように、収集した情報を評価して、わかりやすいかたちでまとめ、医師や看護師などの医療従事者に提供しています。
・医薬品試験業務
薬は正しく使用されてこそ、効果を期待できるものです。そのため、各病院では状況に応じて「化学的試験」「物理的試験」「生物的試験」「製剤試験」「五感試験」などの品質試験を行っています。
最近は、副作用の現れ方に個人差の大きい一部の薬などについては、患者の血液中の薬物濃度を測定して、適正な投与量、投与間隔になるように、医師に対して提案することもあります。
・注射調剤
病院の薬剤師は、院内にある無菌室(クリーンルーム)などで、注射薬の調剤を行うこともあります。注射薬は、高額なものや作用が強いもの、緊急性のあるものが多く、複数の薬を混ぜた場合に起こる配合変化(沈殿や効力の低下)にも注意しなければなりません。
基本的には、薬剤師の業務は、患者1人ひとりの処方内容を事前にチェックし、注射薬正確に取りそろえ、看護師にまわすということになりますが、病院によっては、無菌的な場所で薬剤師が注射薬の混合業務を行っています。

 

薬剤師の求人・転職なら情報満載の【薬剤師求人情報局】全国対応

薬剤師求人の豆知識
薬剤師求人登録は複数サイトに登録しよう
お薬手帳の変化で薬剤師はどう変わる?
自分が調剤したい薬で薬局を探そう
薬剤師求人が増えてきている?
薬剤師で働くときは薬局の近くの病院を知ろう
薬剤師求人枠の広がり
薬剤師求人のギャップ
薬剤師求人情報の見分け方
薬剤師の新たなやりがいを探して
求人情報の盲点
薬剤師として満足して働くためには
広がる!薬剤師の活躍の場
求人情報は年収だけに捉われるな
働き方がいろいろある薬剤師
薬剤師の転職について
薬剤師の求人情報サイトを利用してみる
薬剤師は働きやすい!
薬剤師の遣り甲斐とは
病院の薬剤師
薬局の薬剤師
知っておきたい「薬」関連知識
薬剤師の将来
薬剤師に向いている人は
薬剤師の生活と収入
薬剤師の活躍の場
薬剤師の仕事
医薬分業とは
薬と薬剤師の誕生
ある薬剤師の1日
薬剤師ってどんな資格?
薬系大学の就職状況
薬剤師になるには
薬の専門家、薬剤師
サプリメントで栄養摂取をするコツ
薬剤師とは?