自分が調剤したい薬で薬局を探そう

病院の処方箋では院外のものが増加し、病院内での薬剤師よりも、院外処処方箋を扱う薬剤師求人が多いと言われています。もちろん、大きな病院では薬剤師求人を院内で出すこともありますが、院外処方船が増えたことで、薬剤師求人が増えたと言えるでしょう。


薬剤師求人は薬局で変わる

院外処方箋を扱う場合、薬剤師求人の仕事の内容は薬局のある場所などでも変わってきます。小さ目のクリニックなどが点在する場所であれば、そのクリニックの患者さんがきますが、クリニックの診療内容にあった薬を多く扱うことになるでしょう。(おすすめの記事>>>>>薬剤師転職のノウハウ)一方で総合病院の近くにある薬局だと、扱う薬の種類なども増加すると考えられています。また漢方薬などを専門に扱う薬局などもあります。薬剤師求人を見るときは、よく扱う科や薬を確認しましょう。


実際に行ってみるといいかも

もちろん、無理に病院にかかり、処方箋をもらう必要はありません。院外処方箋を扱う薬局では、多くの場合、市販薬なども扱っているものです。店員さんの対応などを確認してみましょう。自分で利用して、気持ちよく利用できるところで働きたいですよね。また、中には整理が面倒なお薬手帳を工夫している薬局などもあるそうです。

薬剤師求人の豆知識
薬剤師求人登録は複数サイトに登録しよう
お薬手帳の変化で薬剤師はどう変わる?
自分が調剤したい薬で薬局を探そう
薬剤師求人が増えてきている?
薬剤師で働くときは薬局の近くの病院を知ろう
薬剤師求人枠の広がり
薬剤師求人のギャップ
薬剤師求人情報の見分け方
薬剤師の新たなやりがいを探して
求人情報の盲点
薬剤師として満足して働くためには
広がる!薬剤師の活躍の場
求人情報は年収だけに捉われるな
働き方がいろいろある薬剤師
薬剤師の転職について
薬剤師の求人情報サイトを利用してみる
薬剤師は働きやすい!
薬剤師の遣り甲斐とは
病院の薬剤師
薬局の薬剤師
知っておきたい「薬」関連知識
薬剤師の将来
薬剤師に向いている人は
薬剤師の生活と収入
薬剤師の活躍の場
薬剤師の仕事
医薬分業とは
薬と薬剤師の誕生
ある薬剤師の1日
薬剤師ってどんな資格?
薬系大学の就職状況
薬剤師になるには
薬の専門家、薬剤師
サプリメントで栄養摂取をするコツ
薬剤師とは?