薬と薬剤師の誕生

薬が誕生したのははるか昔のことです。紀元前4000年ごろ、チグリス・ユーフラテス川流域のメソポタミア南部に都市国家を建てたシュメール人は、動植物や鉱物などから作ったたくさんの薬を使用しており、その製法を粘土板にくさび文字で記録していました。これが最古の医薬品製法の記録だといわれています。
紀元前1500年ごろの古代エジプト文明の記録「エーベルス・パピルス」には、700種以上の薬と、800種以上の薬が処方が残されています。
古代においては、病気を治す人が薬草などを用いて患者の治療を行っていました。つまり、病気を治療する人と薬を扱う人は同一人物で、「医師」と「薬剤師」の2つの役割を1人で担っていたということです。
中世に入ると薬を売る商人が現れ、11世紀には薬局もつくられたといわれています。
やがて、西欧では毒殺による王権の交代が頻繁に起きるようになりました。薬を調合する医師が暗殺に加担するという可能性も考えられ、王侯貴族は安心して薬を飲むことができなくなってしまいました。
そのため、13世紀半ばには、診療と調剤が別々に行われるよう役割分担がなされ、医師から隔離された薬局で、薬剤師が医師の記載した処方せんの内容をチェックし、調剤を行うようになったのです。薬局には薬を作るための部屋も設けられ、薬剤師によってのちに科学の発展に大きく貢献することになるさまざまな試みがなされました。このため薬剤師の知識・技能は高く評価されるようになり、専門家としての地位を確立していきました。
18世紀の終わりごろまでは、薬といえば、動物の臓器や草の根・皮・鉱物などをそのまま、あるいは性質を変えない程度の簡単な加工をして薬用にした、「生薬」のことをさしていました。
1804年、ドイツで薬剤師のセルチュルナーが、アヘンからモルヒネ(現在、鎮痛・鎮静剤や麻酔薬として用いられている)を発見し、これが「生薬を科学的に分析して有効成分を抽出する」という現代薬学の基礎となりました。
1830年ごろには、生薬の有効成分が次々と発見されるようになり、化学反応によって合成の薬が作られるようになったのです。
日本でも、病気治療と薬の取り扱いを同じ人物が行っていました。奈良時代から平安時代に現在の中国である隋・唐から伝わってきた漢方が、江戸時代まで日本の医学の中心でした。「医」と「薬」を分けない漢方では「薬師」が医師と薬剤師療法の役目をはたしていたのです。
日本で薬剤師と言う職業が公に認められるようになったのは、西洋医学が導入された明治時代です。
1874(明治7)年、日本初の医薬制度「医制」が公布され、「薬舗主」(のちの薬剤師。「薬舗」は薬局のこと)に調剤権が認められました。そして、1890(明治23)年に制定された「薬品営業並薬品取扱規制(薬律)」によって、「薬剤師」「薬局」という名称が誕生し、制度として認められるようになったのです。

薬剤師の求人・転職なら情報満載の【薬剤師求人情報局】全国対応

薬剤師求人の豆知識
薬剤師求人登録は複数サイトに登録しよう
お薬手帳の変化で薬剤師はどう変わる?
自分が調剤したい薬で薬局を探そう
薬剤師求人が増えてきている?
薬剤師で働くときは薬局の近くの病院を知ろう
薬剤師求人枠の広がり
薬剤師求人のギャップ
薬剤師求人情報の見分け方
薬剤師の新たなやりがいを探して
求人情報の盲点
薬剤師として満足して働くためには
広がる!薬剤師の活躍の場
求人情報は年収だけに捉われるな
働き方がいろいろある薬剤師
薬剤師の転職について
薬剤師の求人情報サイトを利用してみる
薬剤師は働きやすい!
薬剤師の遣り甲斐とは
病院の薬剤師
薬局の薬剤師
知っておきたい「薬」関連知識
薬剤師の将来
薬剤師に向いている人は
薬剤師の生活と収入
薬剤師の活躍の場
薬剤師の仕事
医薬分業とは
薬と薬剤師の誕生
ある薬剤師の1日
薬剤師ってどんな資格?
薬系大学の就職状況
薬剤師になるには
薬の専門家、薬剤師
サプリメントで栄養摂取をするコツ
薬剤師とは?