薬剤師になるには

薬剤師国家試験に合格する
薬剤師は国家資格です。国家試験に合格し、薬剤師免許を取得したものしか薬剤師の業務を行うことはできません。薬剤師になるには、まず薬科大学か大学の薬学部(まとめて薬系大学といいます)の薬学科(6年制)に入学、正規の課程を修めて卒業し、薬剤師国家試験の受験資格を得て受験し、合格することが必要です。薬系大学以外の大学や短大、専門学校を卒業しても薬剤師の受験資格は得られません。独学で受験資格を得ることもできません。
薬系大学の薬学科では、国家試験合格を目標としたカリキュラムが組まれており、6年次の3月に国家試験を受け、4月から薬剤師として働き始めるというケースがほとんどです。薬剤師国家試験は年に1回、3月に行われています。
2006(平成18)年度から薬系大学は6年制へ
薬系大学の薬学科は、2006(平成18)年度の入学生から6年制になりました。薬剤師にならず「薬学の研究をしたい」「製薬会社で働きたい」「行政機関で仕事をしたい」などという人のために4年制の課程もある大学もありますが、今後の薬剤師国家試験は6年制の課程を卒業した人しか受験できません(ただし、2017(平成29)年入学者までは特例処置があります)。
6年制の導入により医療薬学科系の科目数が増え、今までは4~6習慣だった病院と薬局の実務実習が5か月に延長されました。このことからも、薬剤師には医療人としてのさらなる活躍が期待されていることがわかるでしょう。

薬剤師求人の豆知識
薬剤師求人登録は複数サイトに登録しよう
お薬手帳の変化で薬剤師はどう変わる?
自分が調剤したい薬で薬局を探そう
薬剤師求人が増えてきている?
薬剤師で働くときは薬局の近くの病院を知ろう
薬剤師求人枠の広がり
薬剤師求人のギャップ
薬剤師求人情報の見分け方
薬剤師の新たなやりがいを探して
求人情報の盲点
薬剤師として満足して働くためには
広がる!薬剤師の活躍の場
求人情報は年収だけに捉われるな
働き方がいろいろある薬剤師
薬剤師の転職について
薬剤師の求人情報サイトを利用してみる
薬剤師は働きやすい!
薬剤師の遣り甲斐とは
病院の薬剤師
薬局の薬剤師
知っておきたい「薬」関連知識
薬剤師の将来
薬剤師に向いている人は
薬剤師の生活と収入
薬剤師の活躍の場
薬剤師の仕事
医薬分業とは
薬と薬剤師の誕生
ある薬剤師の1日
薬剤師ってどんな資格?
薬系大学の就職状況
薬剤師になるには
薬の専門家、薬剤師
サプリメントで栄養摂取をするコツ
薬剤師とは?