近隣国の薬剤師はどうなっているの!?

日本で薬剤師になることは大変なことです。そこで、気になるは近隣国の中国ではどうでしょうか!?

調べました。実は中国でも、相応の試験があり、そして、試験に参加できる人は、学歴や仕事の経験などで規定があります。

中国で、薬剤師国家資格を取りたい人は以下の条件を備えなければいけません。

まずは薬学、漢方薬学あるいは関連専門学校の卒業生に限り、中等専門学校以上の学歴と一定の実践経験を持つ卒業生だけが試験に参加する資格があります。

また、学歴によって、仕事年限についての規定も違っています。

中等専門学校、専門学校、大学の卒業生にとって、それぞれ7年以上、5年以上、3年以上の薬学と漢方薬学についての仕事経験を必要としています。

 

薬剤師のお仕事は人の命と密接的に関係がありますので、どこの国でも資格を取得するには一定の条件や壁はありますが、私たちとって絶対的に必要である限り、取得できればお仕事の面では需要が減ることは考えにくいです。

薬剤師求人について
薬剤師求人サイトって言ってもいっぱいある
あなたがなりたいのは、どんな薬剤師?
薬剤師の求人で確認したいこと
薬剤師求人でチェックすべきポイント
薬剤師の活躍の場所が広がる!
薬剤師の男女比
薬剤師国家試験
薬剤師の勤務先と仕事内容
薬剤師の仕事のやりがい
薬剤師転職のノウハウ
転職のタイミング
薬剤師のイメージ
都会と地方の薬剤師求人
薬剤師でも転職は簡単じゃない!
薬剤師求人サイトのランキングをチェックしましょう!
ドラッグストアの時給は高い!?
薬剤師の需要と求人
薬剤師の働く場所と重要性
薬剤師の転職に向いている職業
ドラッグストアの薬剤師求人について
薬剤師の働く場所
薬剤師の大切さ
薬剤師の専門分野
薬剤師の転職の現状
老齢化とともに
薬剤師の転職・求人サイトについて
薬剤師が転職する目的
薬剤師が職場を転職する時
6年制のメリット
薬剤師の資格取得の制度改変
近隣国の薬剤師はどうなっているの!?
薬剤師の働く場所と仕事内容
薬剤師をもっと詳しく説明しますと。
薬剤師とは?
当サイトを使用のメリット