薬剤師の新たなやりがいを探して

薬剤師の勤務先は多くは付属薬局やドラックストアなどでしょうか。しかし、近年では能力が生かせる場が広がり新しいやりがいを見つけて再就職する資格保有者が増えている。(おすすめの記事>>>>>求人サイトの上手な使い方)訪問薬剤師などのニーズが超高齢化社会を背景に高まってきている。薬剤師求人でも幅広い情報が提供されている。


緊急時の対応能力を高める動き

訪問薬剤師の他にも薬局に大きな変化が起きつつある。夜間・休日でも患者に対応できるように営業時間を長くしていこうという動きが広まっているのだ。大型病院の付属薬局ではすでに取り組まれており、夜間・休日でも多くの患者が訪れている。また処方箋を調査してみると36・6%が「6歳以下」の小児、「7~15歳」が13・7%と若年層の来局が多かった。小児は突発的な急性疾患が多く、症状の急変に応じてすぐに診察を受けないといけない場合が多くある事が理由に挙げられるだろう。


薬剤師の新たなやりがい

このように緊急時の対応のニーズが強まり薬局の営業時間の延長について言及されている。このような流れは多様な雇用を生むものとなり、今まで通り一辺倒だった薬剤師の働き方に変化を与える事になるだろう。また、災害時の薬局が地域貢献において大きな役割があると言われています。災害時にも薬剤を破損する事なく衛生的に管理できる環境を整える事、また事や飲料水の備蓄など薬局の新しいあり方が示されようとしているのです。

薬剤師求人の豆知識
薬剤師求人登録は複数サイトに登録しよう
お薬手帳の変化で薬剤師はどう変わる?
自分が調剤したい薬で薬局を探そう
薬剤師求人が増えてきている?
薬剤師で働くときは薬局の近くの病院を知ろう
薬剤師求人枠の広がり
薬剤師求人のギャップ
薬剤師求人情報の見分け方
薬剤師の新たなやりがいを探して
求人情報の盲点
薬剤師として満足して働くためには
広がる!薬剤師の活躍の場
求人情報は年収だけに捉われるな
働き方がいろいろある薬剤師
薬剤師の転職について
薬剤師の求人情報サイトを利用してみる
薬剤師は働きやすい!
薬剤師の遣り甲斐とは
病院の薬剤師
薬局の薬剤師
知っておきたい「薬」関連知識
薬剤師の将来
薬剤師に向いている人は
薬剤師の生活と収入
薬剤師の活躍の場
薬剤師の仕事
医薬分業とは
薬と薬剤師の誕生
ある薬剤師の1日
薬剤師ってどんな資格?
薬系大学の就職状況
薬剤師になるには
薬の専門家、薬剤師
サプリメントで栄養摂取をするコツ
薬剤師とは?