薬剤師の生活と収入

薬剤師の生活と収入
薬剤師の勤務状況は、職場ごとに違います。
薬局の場合は、9時~18時、9時~19時といったパターンが多いようですが、もう少し遅く20時くらいまで営業しているところもあります。保険薬局では、保険点数計算などで忙しいときもあります。
病院の場合は、8時30分~17時など、若干朝が早いケースが多くなります。
製薬会社や化学メーカー、化粧品会社、食品会社などといった一般企業では、9時~18時など、その会社の就業時間で働いています。
薬剤師の給与・年収は、業種によってかなり異なります。たとえば初任給で見てみると、病院勤務での初任給は月額20万~25万円、調剤薬局での初任給は月額22万~30万円、ドラッグストアでの初任給は月額25万~30万、製薬会社での初任給は、月額22万円前後となっています(いずれも手当てを含みます)。ただし、製薬会社の生涯賃金は他の業種より高くなっています。
薬剤師になるには
薬剤師は国家資格です。国家資格とは、国または国が指定した機関が認定した、社会的信頼度の高い資格です。医師、弁護士、税理士、看護師、美容師、調理師、栄養士なども国家資格です。
薬剤師の資格を得るには、国家資格に合格し、薬剤師免許を取得する必要があります。その受験資格は、大学で薬学に関する正規の課程を修め卒業した(または卒業見込みの者)だけに与えられると、2004(平成16)年改正の薬剤師法で定められています。
「薬剤師に関する正規の課程」とは、薬科大学や薬学部のある総合大学(この2つをまとめて「薬系大学」ということもあります)の薬学科のことです。薬系大学の場合、夜間や通信教育はありません。また、短大や専門学校を卒業して薬剤師になるということもできません。
1 薬系大学に入学する。
2 薬系大学の正規課程(薬学科)を修了し卒業する。
3 国家試験を受験し合格する。
という3段階すべてをクリアすることが薬剤師なるための唯一の道なのです。
これまで薬系大学の就業年限は4年間でしたが、2006(平成18)年度入学生から、薬剤師となるための課程(薬学科)は6年間になっています。
薬剤師になるための国家試験は、年に一度3月に行われます。薬系大学では薬剤師国家試験合格を目標としたカリキュラムが組まれており、6年次の卒業時に国家試験を受けます。

薬剤師求人の豆知識
薬剤師求人登録は複数サイトに登録しよう
お薬手帳の変化で薬剤師はどう変わる?
自分が調剤したい薬で薬局を探そう
薬剤師求人が増えてきている?
薬剤師で働くときは薬局の近くの病院を知ろう
薬剤師求人枠の広がり
薬剤師求人のギャップ
薬剤師求人情報の見分け方
薬剤師の新たなやりがいを探して
求人情報の盲点
薬剤師として満足して働くためには
広がる!薬剤師の活躍の場
求人情報は年収だけに捉われるな
働き方がいろいろある薬剤師
薬剤師の転職について
薬剤師の求人情報サイトを利用してみる
薬剤師は働きやすい!
薬剤師の遣り甲斐とは
病院の薬剤師
薬局の薬剤師
知っておきたい「薬」関連知識
薬剤師の将来
薬剤師に向いている人は
薬剤師の生活と収入
薬剤師の活躍の場
薬剤師の仕事
医薬分業とは
薬と薬剤師の誕生
ある薬剤師の1日
薬剤師ってどんな資格?
薬系大学の就職状況
薬剤師になるには
薬の専門家、薬剤師
サプリメントで栄養摂取をするコツ
薬剤師とは?