薬剤師の転職について

一般的な職業では、転職(職場の変更など)が良しとされていることは少ないように感じます。現在では終身雇用制度の崩壊しつつありますが、転職が良いイメージを持っているは決して言えません。おすすめの記事>>>>>求人サイトの上手な使い方
しかし、薬剤師に関しては上記のことはそれほど当てはまりません。なぜかと言うと、大手求人会社の調査による調査では、薬剤師の中で転職した回数が3回以上あると答える人は半数以上にのぼるそうです。さすがに、転職回数が5回以上となってくると採用担当者の目は厳しくなるかもしれません。しかし、転職した回数が1~3回程度であれば、ほとんど気にはされません。ただ、1年間に3回転職した経歴があるようだと採用担当の顔は曇るかもしれません。ですので、ある程度の長期の勤続年数があっての転職であれば、問題ありません。


事前に求人情報をよく確認する

そのため、薬剤師求人において手当たり次第に転職をして気に入らなければ辞める…というスタンスはやめましょう。就職をする前に、給与・勤務時間・福利厚生などの情報はできるだけ多く入手し、よく吟味した上であなたが理想に近い職場を探しましょう。

薬剤師求人の豆知識
薬剤師求人登録は複数サイトに登録しよう
お薬手帳の変化で薬剤師はどう変わる?
自分が調剤したい薬で薬局を探そう
薬剤師求人が増えてきている?
薬剤師で働くときは薬局の近くの病院を知ろう
薬剤師求人枠の広がり
薬剤師求人のギャップ
薬剤師求人情報の見分け方
薬剤師の新たなやりがいを探して
求人情報の盲点
薬剤師として満足して働くためには
広がる!薬剤師の活躍の場
求人情報は年収だけに捉われるな
働き方がいろいろある薬剤師
薬剤師の転職について
薬剤師の求人情報サイトを利用してみる
薬剤師は働きやすい!
薬剤師の遣り甲斐とは
病院の薬剤師
薬局の薬剤師
知っておきたい「薬」関連知識
薬剤師の将来
薬剤師に向いている人は
薬剤師の生活と収入
薬剤師の活躍の場
薬剤師の仕事
医薬分業とは
薬と薬剤師の誕生
ある薬剤師の1日
薬剤師ってどんな資格?
薬系大学の就職状況
薬剤師になるには
薬の専門家、薬剤師
サプリメントで栄養摂取をするコツ
薬剤師とは?