薬剤師国家試験

薬剤師国家試験の概要
薬剤師の資格を得るには、必ず薬剤師国家試験を受験し、合格しなければなりません。2012(平成24)年からは新しい試験制度となり、下の試験概要は変更となります。

試験実施 毎年3月(年1回)・2日間実施
試験地 北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、徳島県、福岡県
試験科目 基礎薬学、医療薬学、衛生薬学、薬事関係法規および薬事関係制度
試験形式 多肢択一方式 240問(薬学基礎60問、医療薬学120問、衛生薬学40問、薬事関係法規および薬事関係制度20問)
受験資格 1.学校教育法にもとづく大学(短期大学を除く)において、薬学の正規課程を修めて卒業した者(試験実施年3月31日までに卒業する見込みの者を含む)
     2.外国の薬学校を卒業し、または外国の薬剤師免許を受けた者で、厚生労働大臣が1に掲げる者と同等以上の学力および技能を有すると認定した者
提出書類 すべての受験者が提出する書類など…受験願書、写真、返信用封筒
受験資格1に該当するものが提出する書類…卒業証明書または卒業見込証明書
受験資格2に該当するものが提出する書類…薬剤師国家試験受験資格認定通知書の写し
受験料 6,800円
合格発表 試験実施年の4月
問合せ先 試験地を管轄する地方厚生局または地方厚生支局

薬剤師国家試験の合格率
薬剤師国家試験の合格率は80%弱で推移しており、薬系大学で4年間まじめに学んでいれば合格できる試験だといわれていました。しかし、2006(平成18)年度から薬系大学の薬学科が6年制に変わったことにともない、薬剤師試験制度は2012(平成24)年度から大幅な変更となります。薬学教育と実務実習の2つのモデル・コアカリキュラムを基本として、試験分野が広がり、問題数も増え、難易度が増すと考えられます。

薬剤師の求人・転職なら情報満載の【薬剤師求人情報局】全国対応

薬剤師求人について
薬剤師求人サイトって言ってもいっぱいある
あなたがなりたいのは、どんな薬剤師?
薬剤師の求人で確認したいこと
薬剤師求人でチェックすべきポイント
薬剤師の活躍の場所が広がる!
薬剤師の男女比
薬剤師国家試験
薬剤師の勤務先と仕事内容
薬剤師の仕事のやりがい
薬剤師転職のノウハウ
転職のタイミング
薬剤師のイメージ
都会と地方の薬剤師求人
薬剤師でも転職は簡単じゃない!
薬剤師求人サイトのランキングをチェックしましょう!
ドラッグストアの時給は高い!?
薬剤師の需要と求人
薬剤師の働く場所と重要性
薬剤師の転職に向いている職業
ドラッグストアの薬剤師求人について
薬剤師の働く場所
薬剤師の大切さ
薬剤師の専門分野
薬剤師の転職の現状
老齢化とともに
薬剤師の転職・求人サイトについて
薬剤師が転職する目的
薬剤師が職場を転職する時
6年制のメリット
薬剤師の資格取得の制度改変
近隣国の薬剤師はどうなっているの!?
薬剤師の働く場所と仕事内容
薬剤師をもっと詳しく説明しますと。
薬剤師とは?
当サイトを使用のメリット