薬局の薬剤師

●身近な相談役として
みなさんは、「薬局は何をするお店ですか」と聞かれたら、どう答えますか。少し前までなら「薬を売っているお店」という答えでもよかったのですが、薬局のはたす役割が変わりつつある今では、それは間違いではないものの、正解でもありません。
ここ数年、テレビや雑誌などでは健康に関する特集がよく組まれています。これは、それだけ一般の人たちの健康への関心が高まっているということです。これまでなら、「病院の先生にまかせておけば安心」という医師万能の風潮がありました。
しかし、最近は「自分の体は自分で守る」という考え方が広まっています。
この考え方はとても大切で、病院は病気をなおす手伝いをしてくれるところであり、ほんとうに病気をなおすのは自分なのです。患者にとって大切なことは、病気をなおすための正しい情報を得ることであり、薬局にもそのための役割が期待されています。
「薬局の果たす役割が変わりつつある」というのは、つまり、薬局は薬を売るというだけではなく、患者1人ひとりの健康をトータルにサポートする「健康ステーション」としての役割が求められているということです。当然ながら、薬局の薬剤師と患者とのかかわりは、これまで以上に深くなっていくことでしょう。
薬局の薬剤師には、患者が薬や健康について身近に相談できるアドバイザー、パートナーとしての活躍が期待されているのです。
●キーワードは「かかりつけ薬局」
高齢社会においては、薬局の薬剤師に対するニーズはますます増えていきそうです。たとえば、一度にたくさんの病院や診療所にかかっている患者は、同じ薬を複数の病院から処方される可能性もあります。薬に関する知識がなければ、そうとは気づかずに服用してしまうかもしれません。
こうしたトラブルを防ぐため、第1章でも述べましたが、調剤薬局には「かかりつけ薬局」としての働きが求められています。「かかりつけ薬局」は、患者の体質や薬歴(薬の服用記録)を一元管理して、トータルに健康をコンサルティングします。また、副作用のチェックや服薬指導も行い、薬の保管の仕方についてもアドバイスします。
これからは、自宅や職場の近くに「かかりつけ薬局」をもつ時代になるはずです。その仕事ぶりをもう少し詳しく見てみましょう。
○処方せんの受け付け
処方せんは、患者のこれまでの病気について記録している薬歴簿とともに、調剤室にまわされます。薬剤師は、処方せんや薬歴簿を照会して以前の処方をチェックし、ほかの薬との飲み合わせや副作用の心配がないかをチェックします。
これで問題がなければ調剤にかかりますが、処方された薬で以前に副作用を起こしたことがある場合や、飲み合わせの危険がある場合など、何かしらの疑問があるときには処方せんを発行した医師に問い合わせ(疑義照会)をしなければなりません。
処方せんは、たんに薬の名前を記した用紙というだけではなく、その背後には患者さんの症状・生活が隠されています。
からだのどこが悪くて、ふだんはどんな生活をしているのか。1枚の処方せんから、そこまで読み取るのです。
○薬歴管理
複数の病院や診療所にかかっている場合、それぞれの処方が適切でも、いっしょに服用すると副作用などを起こしてしまうことがあります。そこで、こうしたことを未然に防ぐために、患者の受ける薬物治療の情報を薬歴として集約・管理します。薬歴には、一般的に次のようなことが記載されています。
1.患者のプロファイル
既往症、アレルギー歴、副作用歴、併用薬、生活環境、家族構成など、患者の基本情報です。患者の状況は常に変わるため、来局のたびに内容を更新します。
2.薬剤の交付記録
処方せんを見るかぎり問題がなくても、薬物治療の経過が適切でない場合もあります。薬剤の交付記録は、薬物治療の経過を把握するために重要な役割をはたします。
3.コミュニケーション録
薬剤師は、薬物治療を通じて患者とさまざまな情報交換をします。どんな話をしたかを記録することは、薬局全体のサービス向上にもつながり、患者との信頼関係を築くうえでも欠かせません。
4.薬物治療上の問題点
薬剤師は、薬物治療を通じて患者のQOL(Quality of Life:生活の質)向上に関連するさまざまな問題に直面します。そのため、より能動的に患者のかかえる悩みを抽出して、薬剤師の立場から解決することが求められています。
○服薬指導
薬の名前や効能・効果、服薬時の注意点などを患者に指導します。しかし、どれだけ豊富な知識をもっていたとしても、そもそも患者から信頼されなければ指導の効果はあがりません。
窓口対応は出会いの場です。医療施設としての薬局の薬剤師は、知識や技術はもちろんのこと、それ以上に信頼される人物である必要があります。
そのためには薬の飲み方を説明するだけではなく、患者がどのような気持ちでこの薬を飲もうとしているのかに注目しなければなりません。「しっかり薬を飲まなくてはいけない」と思ってもらえるように、薬剤の専門家としてアドバイスすることが求められています。
○保険点数の計算
薬局での調剤報酬は保険点数で計算されます。保険点数は1点あたり10円で、すべての医療行為に対する合計点数に10をかけた金額が保険合計金額となります。
1.調剤基本料
受付1回ごとに算定する点数です。どこの薬局でも必ず計算する点数ですが、薬局の規模によって点数は変わるため、同一料金ではありません(1か月に扱う処方せんの枚数や特定の医療機関からの処方せんの割合などによります)。
2.薬学管理料
薬剤服用歴管理指導簿(薬歴簿)を患者ごとに作り、服薬状況などの情報にもとづき薬の飲み方などについて指導を行うことで算定します。
3.調剤料
基本的な技術料であり、薬の種類によって調剤料は異なります。基本的には飲み方の違う薬のグループ(調剤単位)ごとに計算され、日数分(回数分)で算定します。
4.薬剤料
国が定めた薬の公定価格(薬価)で、同じ飲み方で同日数の薬の1日分をすべて合計して、10で割って5捨6入りで点数化して計算します。問屋から薬を購入する場合、薬価よりも安い価格で購入するため、薬価と実売価格に差がでることもあります。
5.各種加算
特別技術や知識を要する場合に算定し、次のようなものなどがあります。
(イ)覚せい剤、毒薬、向精神薬加算(1調剤につき加算)…該当する薬を調剤する場合に加算し、特に併用する薬や使用料に注意して調剤します。
(ロ)自家製剤加算(1調剤につき加算)…個々の患者に対し、市販されている医薬品の剤形では対応できない場合に、医師の指示にもとづき、服用しやすいように調剤上の工夫を行った場合に算定します。
(ハ)計量混合加算(1調剤につき加算)…2種類以上の散剤・液剤・軟膏剤を混ぜ合わせて1つの薬とした場合に算定します。
(ニ)基準調剤加算(受付1回につき加算)…厚生労働大臣が定める施設基準に適合し、都道府県知事に届け出た薬局のみ算定できます。
●消費者に対する今後の薬局・薬剤師の行動計画
薬局や薬店が開いていない時間帯でも薬を入手したいというニーズを受け、コンビニでも医薬品の一部が売られるようになりました。現在、医薬品の販売は規制緩和の方向にあり、今後はますます。コンビニの「薬屋さん」化が進むと予想されています。
しかし、薬は適切に使用されてこそ効果を期待できるものです。一歩間違えば命を落とすことにもなりかねません。こうした状況を憂慮し、日本薬剤師会では、患者や消費者から信頼される「かかりつけ薬局」の定着を目指して、薬局薬剤師の行動計画を発表しています。
そこには新しい薬局の姿を垣間見ることができます。行動計画の一部を紹介しておきましょう。
1.薬剤師名札の徹底
名札を着用することによって、「薬剤師であること」と「氏名」を明らかにし、患者や消費者に対して、薬剤師の存在と医薬品に対する責任の所在をはっきりさせています。
2.積極的な相談・指導の徹底
薬局・薬剤師の基本的な姿勢や、薬局で苦情を受けた際の対応法をまとめた「薬局・薬剤師のための接遇マニュアル」が作成され、相談・服薬指導のさらなく充実をはかっています。
マニュアルには、薬局・薬剤師がとるべき対応・対策と具体的なチェックポイントが示されています。
3.医薬品の購入者が相談しやすい環境作りと積極的な相談などの徹底
医薬品の購入者が薬に関する相談をしやすくするために、店内の数か所に掲示を行っています。
4.相談窓口を明確化するための取組の推進
消費者が購入後に薬局や薬剤師に相談しやすいように、医薬品の販売時に薬局の電話番号や薬剤師の名前などが記入された名刺をわたしています。
5.夜間・休日における対応の拡充
夜間専用窓口を設けるなどして、患者や消費者が、夜間や休日などでも薬剤師に相談して医薬品を購入できるような体制作りを進めています。
●在宅患者訪問薬剤管理指導業務
高齢社会を背景に、寝たきりの高齢者など在宅医療を必要とする患者が増えています。住み慣れた場所で家族に囲まれながら療養を行うことができる在宅医療は、今後ますます需要がふくらむと予想され、薬局の薬剤師にも医療の担い手としての役割が期待されています。
1994(平成6)年、薬剤師は医師の指示書を受けて、在宅患者に薬剤管理指導を行うことが認められました。これにより、医薬品の専門家として、医師や歯科医師とともに要介護者の家庭を訪問して、薬歴管理や服薬指導、薬剤の服用状況や保管状況の確認などを行っています。また、処方せんを発行した医師に、訪問結果についての情報提供も行います。
●学校薬剤師
国立・公立・市立を問わず、大学以外の幼稚園や小中学校、高校などには、必ず学校薬剤師がいます。あまり見かけることはないかもしれませんが、学校薬剤師は医師や歯科医師と協力しながら、縁の下の力持ちとなって快適な学校生活を守っています。
その多くは、薬局の薬剤師が県や市町村の教育委員会からの嘱託で務めており、身分としては学校の非常勤職員ということになります。
おもな活動内容としては、学校保健計画の立案への参加、学校で使用する飲用水やプールなどの水質検査や消毒、環境衛生についての助言と指導、教室内の照度・換気・騒音についての検査、学校で使う医薬品・毒物・劇物・保健に使う用具や材料について助言と指導、喫煙・飲酒・薬物乱用などについての助言と指導などがあります。
薬剤師としての専門知識や技術をいかして、環境衛生、薬事衛生、公衆衛生などについて学校に指導と助言を行い、生徒や職員の健康を守る重要な職務を担っています。

 

薬剤師の求人・転職なら情報満載の【薬剤師求人情報局】全国対応

薬剤師求人の豆知識
薬剤師求人登録は複数サイトに登録しよう
お薬手帳の変化で薬剤師はどう変わる?
自分が調剤したい薬で薬局を探そう
薬剤師求人が増えてきている?
薬剤師で働くときは薬局の近くの病院を知ろう
薬剤師求人枠の広がり
薬剤師求人のギャップ
薬剤師求人情報の見分け方
薬剤師の新たなやりがいを探して
求人情報の盲点
薬剤師として満足して働くためには
広がる!薬剤師の活躍の場
求人情報は年収だけに捉われるな
働き方がいろいろある薬剤師
薬剤師の転職について
薬剤師の求人情報サイトを利用してみる
薬剤師は働きやすい!
薬剤師の遣り甲斐とは
病院の薬剤師
薬局の薬剤師
知っておきたい「薬」関連知識
薬剤師の将来
薬剤師に向いている人は
薬剤師の生活と収入
薬剤師の活躍の場
薬剤師の仕事
医薬分業とは
薬と薬剤師の誕生
ある薬剤師の1日
薬剤師ってどんな資格?
薬系大学の就職状況
薬剤師になるには
薬の専門家、薬剤師
サプリメントで栄養摂取をするコツ
薬剤師とは?