薬系大学の就職状況

厳しくなってくるかもしれない就職環境
これまで、医師と薬剤師がそれぞれの専門分野で業務を分担する「医薬分業」が進み、院外処方せんを発行する病院が増えてきたことや、ドラッグストアが店舗数を増やし、調剤業務を行うようになってきたことから、薬局薬剤師を中心に、薬剤師の資格は引く手あまたでした。しかし、2006(平成18)年度から薬系大学の薬学科が6年制になったのをきっかけに、薬系大学が増え、入学定員も増えています。また、薬剤師試験の合格者も1万人を超える時代を迎えている一方で、「登録販売者」という新しい制度が始まり、薬剤師の資格がなくても一部の医薬品の販売ができるようになります。こうしてみると、これまでに比べると就職が難しくなってくる可能性があります。今後は、大学の選択も重要になってくるでしょう。
就職先のトップは薬局
近年の薬系大学生の進路は、進学が3割、就職先のトップは薬局で3割近い学生が就職しています。続いて15%前後が病院診療所薬剤師、10%弱が製薬会社となっています。病院診療所薬剤師は、医薬分業により求人数は減少しています。病院などの薬剤師を志望する人は、積極的な就職活動をする必要があるでしょう。いずれにせよ、薬剤師の活躍場は多岐にわたっています。自分のやりたい仕事、自分にあった仕事は何か、後悔のないように早い時期から検討を始めましょう。

薬剤師の求人・転職なら情報満載の【薬剤師求人情報局】全国対応

薬剤師求人の豆知識
薬剤師求人登録は複数サイトに登録しよう
お薬手帳の変化で薬剤師はどう変わる?
自分が調剤したい薬で薬局を探そう
薬剤師求人が増えてきている?
薬剤師で働くときは薬局の近くの病院を知ろう
薬剤師求人枠の広がり
薬剤師求人のギャップ
薬剤師求人情報の見分け方
薬剤師の新たなやりがいを探して
求人情報の盲点
薬剤師として満足して働くためには
広がる!薬剤師の活躍の場
求人情報は年収だけに捉われるな
働き方がいろいろある薬剤師
薬剤師の転職について
薬剤師の求人情報サイトを利用してみる
薬剤師は働きやすい!
薬剤師の遣り甲斐とは
病院の薬剤師
薬局の薬剤師
知っておきたい「薬」関連知識
薬剤師の将来
薬剤師に向いている人は
薬剤師の生活と収入
薬剤師の活躍の場
薬剤師の仕事
医薬分業とは
薬と薬剤師の誕生
ある薬剤師の1日
薬剤師ってどんな資格?
薬系大学の就職状況
薬剤師になるには
薬の専門家、薬剤師
サプリメントで栄養摂取をするコツ
薬剤師とは?