円満退職の方法

転職先が無事決まったら、いよいよ退職です。退職の意思の伝え方としては、まずはじめに直属の上司に伝えます。引き継ぎなども考え、2か月前ぐらいに伝えると良いでしょう。
いきなり退職を切り出さず、個人的な相談という形で時間をとってもらい、退職の意思を伝えましょう。このとき、引き止められる場合が多々ありますが、転職の決意をした上での相談であることをはっきりと伝えます。迷いがなく、意志が固いことを強調します。
このとき上司が腹を立て、感情的になってもあくまで謙虚に対応します。その場で納得してもらえなければ少し時間を置き、なかなか進展しないようであれば再度切り出しましょう。転職先が決まっていることは、この段階では伝えない方がよいです。
■退職願について退職願に関してですが、辞職届、辞表などと書かないように注意しましょう。退職の意思は口頭で伝えた後、早めに書面にして提出します。直属の上司に手渡しします。会社によっては退職願の用紙を用意している場合もありますので、確認します。退職願の書き方のポイントを下記にあげます。
■退職願の書き方のポイント
●デジタルではなく、自筆で●白無地の便せんに縦書きで●黒のペンを使用し、退職理由は一身上の都合とする●日付は実際に届出を渡す年月日に●書き出しの部分の私事は行の一番下に●宛名には社長の氏名を書き、敬称の殿をつけることを忘れずに●社長の氏名は自分の氏名の位置より上に書く●所属部署と氏名は宛名より下の位置に書き最後に捺印●退職願いを入れる封筒は白を使用し、表に退職願と書き、裏に部署名と氏名を書く

転職の重要ポイント
薬剤師の転職・離職理由
転職に失敗しないポイント
履歴書・職務経歴書の書き方
面接時のポイント
円満退職の方法